『坪いくらで家が建ちますか?』
最初の打ち合わせの時に、よく質問されることです。

当社はお客様のニーズ、生活に合わせた住まいづくりを考えています。
間取りや、使用する資材、設備機器などにも違いがあります。用途、目的などで価格を比較しなければなりません。

お客様のご希望や、ご予算に合わせてオンリーワンの住まいづくりをご一緒に計画させて頂きます。
玄関入り口建具は、ドア、引き戸、洋風引き戸(スライディングドア)を使い勝手や外観に合わせて選びます。

ホールは、余裕があれば広めにとれば、家のゆとりや広さを感じさせます。
玄関収納(下駄箱)は大きすぎても玄関に圧迫感をあたえます。バランスを考慮して、収納の必要性、便利さ優先で考えましょう。

また、
廊下に収納があれば、掃除機や傘、雑貨などの片づけに便利です。
最近は、広めのリビングが多いです。できれば10畳くらいとれれば良いですね。

家族の団欒の場所ですから、置くものも多くなると思います。
テレビ、オーディオ、電話、などの配置も計画しておきましょう。
これらの置き場所によって、配管の高さや、場所が決まります。

これからは、
マルチメディア用の配管も計画しておくべきでしょうね。
食堂、台所は一体として考えられます。
また、最近はリビングと含めて考えられることが多いようです。
食堂としては、家族の人数、テーブルの大きさにもよりますが、
6畳くらいは必要です。
またグラスや、コーヒーカップなど、普段使用する食器を収納する食器棚、飾り棚があれば便利です。
流し台は、ほとんどがシステムキッチンです。
形としては、I型の対面式が多いです。流しの反対側に食器棚を配置し、食器棚に電子レンジ、トースター、炊飯器などを置くスペースを考えます。

また
置くものによっては専用のコンセントが必要です。種類や数をあらかじめ考えておきましょう。コンロ部分は、ガスかIHかを好みや使い勝手で選んでください。

食器乾燥機は洗って乾燥するまで時間がかかりますが、使い方(生活様式)によって
は大変便利です。