木造建築では大きく分けて在来工法ツーバイフォーがあります。
当社では、日本の気候、風土に見合った在来工法で施工しています。

在来工法とは、昔からの伝統的な家の建て方で、土台、柱、梁、筋違いなどの骨組みで構成され、柱、梁などの縦横材で上からの荷重を支え、筋違い、火打ち材などの斜め材が横からの荷重を支えています。

また、建物の構造がパネルではなく柱、梁、床組などの軸で作られているため、軸組と呼ばれています。
将来の増改築、リフォームなどにも適した工法です。

最近では、地震や敷地の有効利用の面で(駐車スペースなども考慮して)鉄骨造も増えてきました。
住宅の場合、大きく分けて木造、コンクリート造、鉄骨造に分けられます。
また、これらを組み合わせた構造もあります。
木造在来工法の場合、家を形にするには土台、柱、梁などで骨組みをします。
その後、床、壁、天井など造作といわれる家の肉づけをしていきます。
ですので、この
軸組がしっかりしていないと、いくらきれいに化粧をしても無駄になります。

柱、梁を支える土台には、腐りにくい材料で基礎面との通気(乾燥)を考慮し防蟻、防腐処理を施したものを使用します。
建物の角を支える通り柱には四寸材を使用し、床、屋根を支える梁は十分荷重に耐えられる大きさの材料で組み立てます。

最近はこれらの部材の接合部、組み立てに
構造用補助金物が使用されているので、耐震性も高くなっています。
骨組みを支える基礎が一番大事な部分です。

布基礎は、土台を置く部分のみ、逆T字型にコンクリートの基礎を作る方法です。

ベタ基礎は、建物下部すべての部分にベース基礎を作り、土台を置く部分の立ち上がりを作る方法です。ベタ基礎は床下の湿気を防ぐことや、すべてに鉄筋が組まれているので
耐久力にも優れています。

現在新築されているほとんどが、ベタ基礎で施工されています。
しかし、あまり軟弱な地盤だと、地盤改良が必要となってきます。
木の情報発信基地
株式会社 茶ノ木